中古住宅購入からリフォームまでの流れを徹底解説!

こんにちは。

八王子市・日野市を中心に安心して長く暮らせる住宅・不動産売買の
仲介をしている新井建設、 一級建築士の新井与四和(あらいよしわ) です。

中古住宅を購入し、リフォームすることで自分好みの家づくりをする方が増えてきています。できるだけ効率的に、物件探しからリフォーム完成まで行えたらいいですよね。

そのためには、中古住宅を購入してからリフォームするまでの流れを把握しておく必要があります。

今回は、この流れと段取りについて紹介していきます。


写真は当社が関わった自然素材リフォームの事例

1.リフォームのイメージと予算を決める

中古住宅を購入する時点で、リフォームすることが分かっているのであれば、どのような住宅にしたいかのイメージと、リフォームに支払える予算を決めておくと良いでしょう。

イメージや予算は、モデルハウスに行ってみたり無料お見積りを請求したりすることである程度定められます。

 

2.リフォーム業者探し+物件探し

中古住宅購入前からリフォーム業者を探しておくことで、気に入った物件を一緒に見てもらい、希望のリフォームが可能か判断してもらうことが可能になるのです。

業者探しと物件探しとを同時に行うことで、より効率的になります。

 

3.リフォーム見積り+住宅ローン

物件の購入代金とリフォーム代金を一緒に住宅ローンで借りることが出来ます。

これなら、自分好みの家を無理なく手に入れられます。

購入とは別にでリフォームローンを組むと金利が高いので、
金利の安い住宅ローンでリフォーム代まで、まとめた方が断然お得なんです!

 

4.物件購入からリフォーム

業者と相談して購入する中古住宅を決めたら、リフォームへの段取りです。

リフォーム工事は家の引き渡し後に行うのが原則なので、物件の価格、引き渡し日といった購入条件を確認しましょう。

そうすることで、リフォーム工事へスムーズに移行できます。

 

いかがでしたか?中古住宅の購入からリフォームまでの流れは把握できたでしょうか。

物件探しもリフォームも時間がかかるので、できるだけ効率的に行程を踏んでいきましょう。

リフォームにいくらかかるか?
どこまでリフォームした方が良いのか?
耐震性は大丈夫?

中古住宅を購入する場合には、疑問や不安が付きものです。
私たちは、住宅建築50年の工務店の不動産部門です。
住宅のプロがお家探しをお手伝いしていますので

お気軽にご相談ください。

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ パーマリンク