土地や中古戸建を買う時のチェックポイント

こんにちは。

八王子市・日野市を中心に安心して長く暮らせる住宅・不動産売買の
仲介をしている新井建設、 一級建築士の新井与四和(あらいよしわ) です。

土地を買って自分好みの家を建てたい!

少し古くても立地の良い戸建を買って、自分好みにリフォームしたい!

そう考えている方は結構多いと思います。

土地や中古住宅を購入する際に、
私がいつもアドバイスする事があります。

それは水道の引込管の太さについてです。

古い分譲地や築年数が経った住宅の場合、
宅地への水道管の引込が13mm管と細いケースがあります。

普段の生活を考えてみると
トイレは2ヶ所だったり、
炊事をしている時に、家族がシャワーを浴びる、という場面があると思います。

水道管が細いと、同時にお水やお湯を使おうとしたときに
お水の量が細くなってしまう事になります。

出来れば20mmとか25mmの水道管が望ましいです。

もし、お目当ての土地や家が見つかったら
水道管の太さを不動産屋さんに聞いてみてください。

水道管の口径を太くすることが出来るのかも
事前に調べて貰うと良いと思います。

不動産購入のご相談は無料です。お気軽にメールください。
info@athome-arai.jp

カテゴリー: お知らせ, スタッフブログ パーマリンク